【導入事例】HP Workstation Z440+NVIDIA RTX A4000搭載搭載

2021年9月18日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 23 秒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご要望】

当社から購入したHP Z420 が老朽化も有り、新しいWorkstationを導入したい

予算は30万ほどでなるべく長く使いたい。

【弊社のご提案】

HP Z440 をご提案。

現行のZ4 G4は中古市場には出回っていない。

また、新品Z4G4は高額で、かつ納期が未定。

【最終構成】

Z440 カスタムモデル

CPU Xeon E5-1650V4 3.6GHz 6コア12スレッド

SSD クルーシャル MX500 1TB

VGA NVIDIA RTX A4000

を搭載した仕様で出荷。

CPUはE5-1650V4ですが、Z4 G4搭載のW-2123よりベンチマークの値は高い

(PASSMARK 11256/8583)

HDDでは無くSSDを搭載。Z420ではHDDなので、大幅なパフォーマンスアップ

グラフィックカードは最新のNVIDIA RTX A4000を搭載。

Z420ではQuadro 4000を使用しているので、大幅なパフォーマンスアップとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【導入事例】NVMe U.2 4台搭載のPRIMERGY RX2540M5 出荷

2021年9月18日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 38 秒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご要望】

NVMeを4本搭載できるサーバが必要

【弊社のご提案】

PRIMERGY RX2540M5 をご提案。

NVMe U.2を4台搭載することが出来る。

搭載するRAIDコントローラ PYBSR3C59L はNVMeでRAIDを組むことが可能

【最終構成】

Micron NVMe 7300 Pro 1.92TB 2本

Intel P4610 1.6TB 2本

を搭載した仕様で出荷。

高速なストレージを導入することで業務効率は大きく改善できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【導入事例】メモリ総容量1TBを搭載したPRIMERGY RX2540M5

2021年9月18日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 45 秒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご要望】

メモリを1TB搭載できるサーバを用意して欲しい

【弊社のご提案】

PRIMERGY RX2540M5 を使用。

DDR4 REG 32GBでは24枚搭載したとしても768GBですので足りません。

64GBのメモリが必要です。

【最終構成】

DATARAM 【DVM32R2T4/64G】 を16枚搭載して1TBメモリ実装を実現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

並行輸入品 HGST Ultrastar 18TB&16TB 入荷しています!

2021年9月1日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 43 秒

弊社ですが、海外在住のビジネスパートナーとグローバルなビジネスを展開しております。

今回は春先のストレージマイニング需要の影響で大きく価格が高騰した大容量HDDを

何とか安く入手できないか情報交換していたところ、HGSTのHDDを入手することに

成功しました。

Ultrastar WUH721818ALE6L4 18TB NL-SATAUltrastar WUH721816ALE6L4 16TB NL-SATA

です。

弊社販売価格として、

Ultrastar WUH721818ALE6L4 18TB NL-SATA  60,900円(1TBあたり、3,383円)税別

Ultrastar WUH721816ALE6L4 16TB NL-SATA  43,800円(1TBあたり、2,737円)税別

となっております。

このように20本1箱で入荷しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

並行輸入なのでもしかしたら偽物じゃ無いの?とご心配のお客様のために通電確認致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

速度面では特に問題ない値を表示しております。SMARTの値も健康状態100%で」問題ございません。

安定性が高く、コスト面も安いと良いことばかりですが、一点ご注意頂く点がございます。

並行輸入部品は国内のRMA申請が使用できません。弊社に返送頂き、仕入元へ返送して

RMAしますため完了まで2ヶ月程度かかります。万が一の故障に備えて予備ディスクを

所有されることをお勧め致します。また、保証期間は3年間となります。

HGSTのHDDは故障率の低さで定評があり、弊社でも大容量ストレージサーバを納品する際は

HGST一択です。ですが、国内ルートで調達しますとどうしてもコスト面で苦労します。

今回ご提示しましたモデルでしたらNAS向けのHDDより若干高い程度。

この単価であれば導入のハードルが大きく下がりました。

今回の入荷はテストマーケティングも踏まえて少量入荷です。本数に限りありますので

お求めの際はお急ぎください!

こんなに小さいのにHCI!Scale HE150を店頭展示中です!

2021年8月30日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 4 秒

HCIシステムが低価格で構築できて設置場所も困らないと話題のScale HE150ですが

店内の改装が完了し設置場所を確保出来ましたので他社サーバと比べてみました。

① 弊社出荷台数No1のPRIMERGY TX1310M3と比べてもここまでコンパクト!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②1Uのラックマウントサーバの幅より狭いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的なHCIですとラックマウントサーバを複数台用意するため

ラックキャビネットの無いオフィスでは設置場所に一苦労します。

しかしScaleはここまでコンパクトなので設置場所には困りません。

また、使い方も非常に簡単。仮想化の高スキルを持ち合わせなくても

簡単に仮想環境を導入出来ます。

店頭の現品を使いながら専門員がご説明が可能です。(要 予約制)

お気軽にお問い合わせください。

 

特急サーバに関して

2021年7月13日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 4 秒

いつもおっとサーバ店をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
特急サーバに関するお問い合わせをいただいております為、
今回、特急サーバについて再度ご紹介を含め、商品のご案内を致します。

 

▼ 特急サーバの特集ページはこちら


『今すぐ必要!超特急で組立納品モデル』

https://www.pcserver1.jp/category/TYOUTOKKYUUFU

■ 特 長
①最短3時間。当日お渡しOK!
・弊社スタッフがご注文後、最優先でキッテング、OSインストール対応致します!!

②お届けについて
・宅配便・軽トラックチャーター便(別料金)で御社やデータセンターにお届けします!
※ 店頭でのお渡しも大歓迎です。

・サーバが急に故障した!
・すぐに復旧したい!
・注文したサーバが納期遅延で来ない!

といったお客様にご好評をいただいております。

 

現在は、TX1310シリーズ東芝製のHDDを搭載し

即納対応を行っております

 

来店予約をいただき、店頭にご来店・お持ち帰りの場合、

最短3時間で受け渡しが可能となっております。

是非、お気軽にお問い合わせください!!

 

※ 現在の、世界的な半導体不足による影響の為、
富士通純正のHDDを含む構成については即納が難しい状況です。

純正HDDをご希望の際は、
500GB取寄可能、1TBは8月上旬に入荷の可能性あり
といった状況となります。

また今後、サーバ本体の種類によりましては、ご対応出来ない機種もございますので
予めお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら
https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010

【LIVA Q1L 検証シリーズ】使用感に関して

2021年6月25日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 4 秒

今回は、LIVA Q1Lに関しての使用感についてレビューしていきます!

 

▼商品URLはこちら▼

『LIVA Q1L 商品ページ』
https://www.pcserver1.jp/item/ECS_LIVA_Q1L.html

『メーカー商品ページ』
https://liva.links.co.jp/#pd_q1l

 

 

インターネットにつなぎ、youtubeの動画再生を行ったところ、カクツク等の動作はありませんでした。

 

タブを大量かつ連続で開いても・・・

 

 

 

カクツク等の動作はありませんでした!

 

CPU、メモリの使用量を見てみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CPUの使用率は約100%メモリの使用率は約80%でした。

データで見ると、Webサーフィンも難しそうです。

しかし、実際はかなりスムーズでした。

(CPUがCeleron N3350なので、かなり驚きました・・・!)

eMMCストレージが関与していそうです。

 


 

▼以前の検証URLはこちら▼

『【LIVA Q1L 検証シリーズ】Ubuntuインストール方法』

http://ottoserver.com/pcserver1/wp/archives/5978

『【LIVA Q1L 検証シリーズ】スペックに関して』

https://ottoserver.com/pcserver1/wp/archives/6071

 

【LIVA Q1L 検証シリーズ】スペックに関して

2021年6月16日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 43 秒

LIVA Q1Lのスペックに関して検証しましたので、紹介させていただきます!

 

▼商品URLはこちら▼

『LIVA Q1L 商品ページ』
https://www.pcserver1.jp/item/ECS_LIVA_Q1L.html

『メーカー商品ページ』
https://liva.links.co.jp/#pd_q1l

▼前回の検証URLはこちら▼

『【LIVA Q1L 検証シリーズ】Ubuntuインストール方法』

http://ottoserver.com/pcserver1/wp/archives/5978

 

今回検証した項目は以下3点です。

ストレージ使用量

CPU、メモリ使用量

電気消費量

 

<①ストレージ使用量>

インストール直後の状態は、以下の図のようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

18.75%使用量となりました。

 

<②CPU、メモリ使用量>

負荷をかけていない状況では、以下の図のようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CPUの使用量は約14%メモリの使用量は約49%となりました。

 

内訳は以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「GNOME」や「Xorg」などの、デスクトップ環境を構築するソフトウェアが上位

占めました。

 

<③電気消費量>

負荷をかけていない状況では、以下の図のようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アプリケーションを導入して調べた結果、約5Wの消費電力でした。

機材を使用し、もう一度消費電力を測定しました。

 

 

 

 

 

 

その結果、6Wの消費電力でした。

 

消費電力が多くて困っているかたには、非常に朗報です!

 


今回の検証では、非常に消費電力が少ないことが分かりました!

次回のシリーズでは、使用感をレビューしたいと思います!

【LIVA Q1L 検証シリーズ】Ubuntuインストール方法

2021年6月10日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 18 秒

おっとサーバ店にニューフェース入荷いたしました!

 

入荷した商品は・・・

 

こちらの商品になります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼商品URLはこちら▼

『LIVA Q1L 商品ページ』
https://www.pcserver1.jp/item/ECS_LIVA_Q1L.html

『メーカー商品ページ』
https://liva.links.co.jp/#pd_q1l

 

手の平大のサイズで、395gと非常に軽量です!

(サッカーボールぐらいの重さです)

 

今回、お客様から

「windows  OSが入っているPCに、ubuntu OSを入れることが可能か?」

というお問い合わせがきました。

本記事では、このマシンを使用して検証していきたいと思います!

 

 

検証結果ですが・・・

 

ubuntu OSを入れることは可能です!

 

基本的に、皆さんがソフトウェアをインストールする方法と変わりませんでした。

 

しかし、既にwindowsが入っているため、

起動するOS自体や、優先順位を変更する必要がありました。

 

方法を以下に記載します!

 

 

 

 

 

 

 

① 「OS Selection」の箇所を「Linux」に変更

②「Set Boot Priority」内の「Boot Option #1」に「ubuntu」を設定

以上になります。

 

インストール作業は1時間30分ほどで終了しました!

 

 


 

ubuntuインストール時、非常にスムーズに行えました。

次回は、小さな体にどのような秘密が詰まっているのか、検証したいと思います!

 

 

Scale HE150 無料で貸し出し&さらに技術資料プレゼント!

2021年6月8日
この記事を読むのにかかる時間の目安: 約 1 分 10 秒

 

弊社で販売している Scale HE150 ですが、ぜひ使ってみたいというお客様の声 

お応えしまして、ご希望のお客様に Scale HE150の無料での貸し出し 

さらに 技術資料(PDF)を差し上げます!

 

◆Scale HE150とは?

IntelのNUC(ミニPC)ベースで動作し、簡単に安価に導入・運用が可能です。
いわゆる『一人情シス』のユーザ企業様の仮想基盤や、
SI企業様の開発環境等に最適なHCIアプライアンス製品です。

 

 

~ Scale HE150 3つの特徴 ~


【かんたん運用】

最低3ノードのクラスタで構成され、
ハードウェアの障害対応はノード(PC)を交換するだけで完了です。
その際、故障したPC上で稼働していた仮想マシンと仮想ディスクは
自動で別ノードにフェイルオーバーして稼働を継続します。
データは冗長化され保存されていますので、データロストの危険は限りなく低い設計となっています。
シンプルな監視画面とボタンわずか10個のVM設定画面で、直観的な設定と運用が可能です。

 

 

 

技術資料の一部を紹介!全121頁  

 

無料貸し出しですが、PoC目的かつ検証レポート(様式指定なし)の
提出を条件とさせていただきます。

ご興味ご関心をお持ち頂けましたら、
更に詳しい製品の特長や導入メリットなどをオンラインミーティングなどで
ご説明させて頂きます。お気軽にお問合せ下さい。

 

【 Scale 関連記事 】

2021/5/20 ミニPCでHCI?かつてない仮想基盤・Scale HE150のご紹介

 

 

▼お問い合わせフォーム、お電話はこちら

https://www.pcserver1.jp/apply.html?id=APPLY1
Tel: 03-3233-8010