当店おすすめエンタープライズSSDはこちら


サーバ・ストレージ用SSDのすゝめ


一昔前に比べて、サーバ・ストレージにSSDを使用するのは、かなり主流になってきました。
ですが、どのメーカーのSSDを選べばよいかわからない・何を基準に判断すれば良い?
…など悩みは尽きません。
そこで今回は、SSDを選ぶ基準と当店オススメのSSDについてご紹介したいと思います。


耐久性に着目すべし!


サーバ用のSSDで最も重要視する事。それは耐久性です。
一般的なPCで利用されるSSDは、一日に数時間程度稼働の読み書きが行われる程度ですが、
サーバでは24時間365日常に稼働し続ける必要があります。
その為、それだけの運用に耐えられるSSDでなければいけないのです。

一般的にSSDなどのストレージの信頼性を図る基準としては、
メーカーが公開しているMTTF(MeanTimeToFailure=平均故障時間) があります。
この指標はいわばSSDの平均寿命であり、稼働からどのくらいの時間で故障するかを示します。

コンシューマーラインで人気のSSDのMTTFを比べてみると、
・Crucial MX500:180万時間
・WD Blue 3D:175万時間
・SUMSUNG 870 EVO:150万時間
・Kingston Q500:100万時間

おおよそ100万~180万時間程度だとわかります。
一方で、弊社取り扱いの高耐久SSDだとどうでしょう?


・Micron 5300PROシリーズ:300 万時間
※SATA 6 Gb/s、リード 540MB/s ライト 520MB/s、1DWPD

MTTFに2~3倍 もの差があります。

また、弊社は年間で約2,000台のサーバ向けSSDを出荷していますが、
初期不良や2-3年以内の故障もほどんどなく、
ご利用いただいた皆様に大変満足して頂いております。


もちろんこれに加えて、メーカー保証も手厚い為、万が一SSDが故障するような事があっても、
すぐセンドバックで交換対応する事が可能です。
コンシューマーSSDに比べてコストもかかりますが、それだけの性能・信頼性があります。
もしSSD選定でご不明点があれば、お気軽にお問合せ下さい!


↓↓↓当店おすすめ高耐久SSDはこちら↓↓↓


1 ~ 57 件目を表示しています。(全57件)
並べ替え