• トップ
  • > OSインストール関連
  • > Windows
  • > Windows Server 2003インストール中にブルーバック画面になって止まってしまう 【Windows】
スタッフブログ
ご注文方法
よくあるご質問


Unix Com World  
OTTOSERVER店  
国際産業技術株式会社  

よくある質問詳細

Windows Server 2003インストール中にブルーバック画面になって止まってしまう 【Windows】

サーバーによってはWindows Server 2003インストール中にブルースクリーンになって止まってしまう症状が起こる機種があります。
この場合はハードウェアのSATAコントローラーがAHCIのサーバーなのに、インストールしようとしているメディアがService Pack未適用のWindows Server 2003の場合はOSがAHCIに対応していないためにハードウェアを正常に認識できず動作が止まっているというパターンが多いです。
この場合はWindows Server 2003発表当時はAHCIに対応していなかったのですが、後のService Packで対応されているため、SP適用済みのインストールメディアであれば問題なくインストールできます。


対処方法としてはService Pack適用済みのWindows Server 2003のメディアを用意するかWindows Server 2003 R2以降の新しいバージョンをインストールする形になりますが、当然別途用意することができない状況もあると思います。
その場合は手元のSP未適用のWindows Server 2003メディアとMSから提供されているService Packのアップデートファイルを使用して自作でSP適用済みメディアを用意することができます。


以前は元のメディアからファイルを全てPCにコピーして、コマンドプロンプトを使って手動でコピーしたファイルにSPを適用、元メディアのブートセクタを抜き出して・・・といった面倒な作業が必要でしたが、現在はそういった作業をほぼ全て自動で行ってくれるフリーウェアなどもでてきていますのでCDのライティング環境さえあればどなたでも簡単に行えます。

ここではそういった方法の一例を紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

SP+メーカー画面

■必要な物

  • フリーウェア SP+メーカー ダウンロードサイト
  • Windows Server 2003のメディア
  • Service Pack 2の適用ファイル(SP+メーカーのソフトウェア上で自動でDLします)
  • CD-Rに書き込みができるPC
  • isoファイルからイメージライティングできるライティングソフト
  • CD-Rメディア


参考「SP+メーカー FAQ wiki*」 http://wikiwiki.jp/faqwinsppm/?FrontPage

■作業手順

  1. まず作業用のPCの光学ドライブにService Pack未適用のOSメディアを挿入します。
  2. この状態でSP+メーカーを起動、オプションから「自動ダウンロードを許可」にチェックしてください。
  3. 一番上の選択でこの場合は「Windows Server 2003」を選ぶ。
  4. 「CDに含める情報」は取得ボタンを押して元のOSメディアからインポート。
  5. 「ISOイメージファイルを最適化する」にチェック
  6. 「インストールCDを作成する(正規のインストールCD要)」にチェック
  7. 「作業フォルダ」「出力先フォルダ(ファイル名)」「アップデートフォルダ」はそれぞれ適当な作業用フォルダを作成してそこを指定してください。
    作業が終わったあとは出力されたisoのファイル以外は削除して構いません。
  8. 「アップデートリストファイル」のチェックは外してください
  9. 適用するService Packは「Service Pack 2」を選択してください。
    (選択した右にダウンロードボタンがありますがここでダウンロードする必要はありません)
  10. 最後に右下の「作成」を押してください。
完成したISOイメージファイルをライティングソフトでCD-Rに書き込んでください。
(この作業についてはそれぞれのライティングソフトのマニュアルを参照してください)


以上で完成です。
AHCIが原因でWindows Server 2003がインストールできずブルースクリーンになっていた場合はこれで問題が解消します。